英会話の上達においてスピーキングの練習は不可欠です。
最も重要ではないかとさえ、ひつじは思います。

そのスピーキングを鍛える方法は2つあります。

1つは前回ご紹介したシャドーイングです。

シャドーイングは実際に言葉をキャラクターになりきって話すことにより、
英語脳の育成を促し、体にも英語を話すことを覚えさせることができます。

シャドーイングについてはよろしければこちらをご覧ください

2つ目はとても地道ですが
言いたいことを日本語から英語に訳して言葉に出して言ってみる
という、とてもシンプルで古典的なやり方です。

古典的とはいえ、バカにできません。
最初は誰しもここから意思疎通を試みるのですから。

今日はその「訳して言葉に出すトレーニング」についてお話ししますね。

英文を作って言葉に出すことで単語を覚えられる

英作文を作る時には辞書を引きますよね。
それは新しい単語だったり、すでに知っている単語の別の用法だったりすると思いますが、
大切なことはそれをしっかり脳に覚えさせるということです。

次に同じ単語を使いたい時に再び辞書を引かずに済むよう、
しっかりとここで覚えてしまいましょう。

不思議なことに声に出して英文と一緒に覚えることで単語というのは忘れにくくなります。
一石二鳥ですね!

そしてその英文ごと丸暗記してスラスラ言えるまで練習することが大事です。

重要!!まずどんな英文を作ればいい?

ここで重要なのはその内容です。
間違っても、時事ネタや普段使わないような文章を好奇心で作るのはやめましょう。
あなたの今の英会話スキルにもよるとは思いますが、

「まずは自己紹介から」が基本です。むしろ鉄則です。

難しい意見や表現を使う必要もないのです。
自分のことを徹底的に喋れるようになることが英会話コミュニケーションで重要なのです。

まず、あなたが、あなた自身をプレゼンできるかどうか

それがとても大事です。

これはひつじの留学経験に基づいています。

英会話コミュニケーションにおける自己表現の大事さ

日常で交わす会話のほとんどが「自分について」なのです。
特に初期の頃はそうでした。
「あなたのことと、日本のことを教えて」
これが求められていることでした。

聞いて黙っているだけの人はいらないのです。
そこにいなくて良いのです。

そして、自分について全く喋れない自分に気づきました。
相手の国のことや文化を本などで勉強するばかりで、
日本のことは自分の国のことなのに何も語れませんでした。

相手国についての知識や勉強なんていりませんでした。
それよりも自分の国についてもっと知り、
何よりも自分自身についてもっと知らなければならないと
日本を出て初めて気づいたのです。

日本人は「自己紹介」って、何をいえばいいか戸惑う方多くないですか?

でも英会話コミュニケーションでは求められます。
まさしく自分プレゼンテーションです!

まずは自己紹介文を作ってみるところから始めましょう!!

どれくらいのボリューム?

いきなりたくさんは作れないと思いますが、
実際に使えることを趣味レーションして作らなければ意味がありません。

まずは、1分
1分間、自分について英語で話せるようになってみましょう。
ひつじの1分間自己紹介はこちら(^_^)

それをクリアしている方は、

3分、5分と作ってみてください。

自分について5分間語れる人はなかなかいません。
それだけでも特技になるレベルだと思いますよ!

次のステップでは
自分の町や、仕事の紹介、そして日本の文化についての紹介など
自分を中心とした円を描くつもりでテーマを広げていきましょう。

文法や正しい文を気にしすぎない

ここで意識してほしいことは「正しい単語を選ぶ」ことです。
例えば
「僕の彼女は(顔が)可愛い」
と言いたい時にありがちな間違いは
My girlfriend is cute. →×
My girlfriend is pretty. →○

などです。
同じ「可愛い」であってもcuteは動物や小さな子供に対する「可愛い」であり、
女性として容姿などを可愛いという時は「pretty」です。

このように同じ意味でも前後の文章によって使い方が変わってきます。
例文などを参考にできるだけ正しい単語を使えるように頑張ってみてください。


電子辞書にも例文検索がついていますが、ネットのweblioもオススメです

例文の数がかなりたくさん出てくるので、ここでの使われ方を見ればだいたい用法がわかると思います。

それでも、ネイティブにチェックしてもらえるわけではないですから間違ってしまうかもしれません。
でも、その努力の過程が大事です。
そうやって選んだ単語がもし間違っていたら、それは次に絶対間違えないと心に刻まれる単語となり
前進できるからです。
そのほかの文法や、整合性も同様です。
全く無視していいとは思いませんが、
ひつじの見解ではまず「伝わればいい」と思います。

不正解を恐れて言葉にできない方が上達を妨げてしまうからです。

どんどん、声に出しましょう!

いかがでしたか??
一日最短15分で取り入れられるトレーニングだと思います。
1文ずつ作っても、毎日続ければ一週間もすれば1分を余裕で超える自己紹介文ができると思います。

いざとなった時に口を自然について出てくる言葉はこういうトレーニングから!
ぜひ、やってみてくださいね(^_^)