このブログでお役に立てそうなこと

英会話を習得したい皆さん、こんにちは。
ようこそ、英会話は独学で上達できる。』ブログへ。

管理人のひつじです。

まずはひつじのプロフィールをどうぞお読みください(^_^)

もし、ひつじのプロフィールをみて
「こいつ、なんかキライ…(¬_¬)」
と、思われましたらどうぞ画面を閉じてください。

相性は大事ですからね。
もしも、ひつじの生い立ちや経歴に共感してくださいましたら
ブログでのお付き合い、よろしくお願いいたします!

さて、突然ですが、
あなたはなぜ英会話ができるようになりたいのですか?
英会話ができたら、何をしたいですか?

仕事や受験などで英会話を必要としている人は
とにかくなんとかしたくて

色々試してみたり、お金をかけてみるけれど
でも、なかなか喋れるようにはならなかったり
どれを信じてやっていいかわからずに情報を集めまくってしまう
「英会話ジプシー」になっていませんか?

このブログではそんな迷える子羊「英会話ジプシー」さんたちに
最適な勉強法を見つけるお手伝いをすべく
有益な情報を発信していきます。

「なぜ習得するか」よりも「習得してどうなりたいか」が大事

会社で外国人が同僚になってしまって・・・
海外の取引先の担当になってしまって・・・
お客様に外国人が多いんです・・・
受験で英語面接があるので・・・

みなさん、様々な理由があって学ばれていると思います。
でもそれはきっかけに過ぎないと、ひつじは思います。

きっかけは何にせよ、
勉強を初めて、いかがですか?
少しでも効果や実績が上がっている方、楽しくなってきていませんか?

そうです。
英会話はとっても楽しいものであり、
あなたが英語を話せることによって、様々な可能性がぐんと広がる
魔法のツールなのです。

世の中に本当に魔法があれば習得したいところですが、
おそらく英会話習得の方が魔法よりもはるかに簡単です。

では英語が話せたら、どんな未来があなたを待っているのでしょうか?

1.あなたの世界が狭くなる

多くの方が勘違いされていますが
英語は世界を広げるツールではなく、世界を小さくするものです。

日本は海に囲まれているので他国へ行くには海を渡らなければいけません。
さらに言葉も全く違うために海外交流はとても大げさに扱われていますが、
隣国と繋がっているヨーロッパでは当たり前のこと。
「外国は身近なもの」が先進国では常識なのです。

世界は広く大きい?

いいえ、もっと身近で行きやすいものであるべきです。

言葉が通じれば、今まで感じていた海の向こうの世界がより身近に感じられるでしょう。
海外渡航のハードルが下がり、広行くて遠いものだと思っていた感覚は一掃されるでしょう。

いい意味で、世界を狭く感じられる大きな人間になれるということです。

ビジネスチャンスが大きく広がる

日本は英会話に関してはかなり遅れを取っている先進国です。

それ故に、英語ができるだけでビジネスチャンスが広がります。
ヨーロッパや諸外国では英語ができる人がほとんどなので
英語ができることを前提にビジネスが回っていますが、
日本ではまず「日本語⇔英語」の変換自体がビジネスになりますからね。

例えば、英会話でなくとも、英語翻訳を極めてしまえば
家から一歩も出ずにPC一つで翻訳家になることもできます。

また、不自由なく読み書きができれば、
日本人向けではなく、世界向けのアフィリエイト活動ができるわけです。

日本国内と、世界全体ではマーケットの規模が違います。
どちらが稼げるマーケットか、説明は不要でしょう。

そう、英語は、英会話はお金になるんです!

会社員をやめる勇気は・・・という方も、
単純に英会話スキルがあればキャリアアップの転職が望めることはいうまでもありませんよね。

時間と場所の自由が手に入る

これはビジネスチャンスとも関係した話になってきますが、
英会話ができるならば、そもそも
「日本に止まっている必要」がありません。
また、PC一台で稼ぐ方法もありますし、この情報化社会の中インターネットを駆使すれば
いくらでも仕事があります。

英会話ができれば
その仕事の選択肢、仕事する場所と住む場所の選択肢、働く時間の選択肢が増えるのです。

今のあなたの生活は、あなたがの望み選んだ生活ですか?

あなたの描く未来は?生活はどんなものですか?

必要なのはちょっとの辛抱

英会話の挫折の原因の一つには「忍耐力」がないことではないかと思います。

どうしてもすぐに結果が出ないと、続けられなくなってしまうんですよね。

でも、なんでもそうだとは思いますが、こと語学に関しては即効性を求めてはいけないと思うんです。

最低でも3ヶ月。
何か進歩があると自覚症状が出るまでに3ヶ月はかかると思ってください。
そこまで頑張れれば、きっと何か変化があって楽しくなってくると思います。

独学でできるけれど、こだわる必要もない

もしも、
すでに英会話習得の糸口を見出していて
どのような学習法を行うのか決定している人、
また、すでに結果が出始めている人には

このブログでお役に立てることはないかと思いますので
どうぞ、そっとブラウザのClose「×」を押して画面を閉じてください。

スクールでも、留学でも、オンラインでも、通信教育でも
ご自身に合っている勉強法が一番ですから!
もう見つかっている方には必要ありません。

かくいうひつじも、留学で習得したクチです。

ですが、
そんなひつじがいうのもなんですが、

そしてこのブログのタイトルでもありますが、

はっきり言わせていただきます。

英会話は独学で上達できます!

必要なのに教えない。おかしな日本の義務教育

この国で義務教育を受けていれば
中学校から英語を習い、
大学受験までにかなりのハイレベルな英語教育を受けているはずです。

にもかかわらず、

純粋な日本人で
その授業だけで英会話ができるようになった人を
私は知りません。

ですが、学校教育を修了し、社会に出た途端に

「これからは英語くらい喋れないと」
とか
「国際化に右倣え」
とか言われ、その技術を別途で習得する流れになっています。

そんなに社会で必要ならば、学校で教えればいいのに。

と、本当は叫びたい気持ちでいっぱいです。

しかし、それゆえに
こう思っている人が多いのではないでしょうか。

「英会話は、留学などの何か特別な教育を受けたりや勉強をしないとできるようにはならない」と。

いいえ!そんなことはありません。

現在、学校教育も変わりつつあるのだと思いますが、
今現在社会人になってしまっている人は
悲しいかな
「英会話ジプシー世代」ですよね。

日常英会話であれば、正直必要なことは「中学校の英語の教科書」に詰まっています。

そう、私たちは皆、すでに習っているんです。
英会話に必要なすべてを。

でも、正しい使い方を教えてくれない。

だから喋れないんです。

英会話は必ずできるようになる

スクールや、オンライン、そして独学教材も通信教育も、
そして最近よく聞く「聞き流すだけ」なんてサムシングも

あなたにとってはゴールに向かうツールに過ぎません。

あなた一人ではたどり着けないゴールへ
どのツールであれば正しく助けてくれるのか
それを見極めなければなりません。

英語が喋れない人、それは
「持っている義務教育で得た知識を正しく使えていない」か、
「英語の知識が0でわからない」

のどちらかです。

でも、

「全く英語を知らない」なんてこと、ありますか?
今の日本で、全ての英語を排除して生きることは逆に難しいと思います。

では正しく使うことが私にはできない!と思いますか?

では、お聞きします。

Helloを頭の中で「こんにちは」と訳して使う人はいますか?
Bye Byeを「さようなら」と訳している人はいますか?

もしも
「はい、僕or私or俺or拙者は訳します。」
という方、

その方にもこのブログでお役に立てることはないかと思いますので
どうぞ、そっとブラウザのClose「×」を押して画面を閉じてください。

そうでなければ、あなたにもできます。
英会話の習得は、必ずできます。

当ブログではそのためにお役に立てそうな勉強法や考え方、
また教材のレビューやスクールやオンラインの活用の仕方などを発信していきます。

少しでも皆様の学びのお役に立てますと幸いです。