・独学での上達を目指すとはいえ、私は忙しいのよ!
・時間を取りたいのは山々だけど、僕は忙しいんだ。
・帰宅したら、少しは休みたいし・・・

という働き盛りの男女の皆さん、お気持ちはよくわかります。

そんなあなたに、うまく通勤や休憩の隙間時間を使ってできる勉強法のコツのお話です

単語帳を覚える…なんてテスト前の中学生みたいなことは言いません!

このコツを使って、コツコツ頑張ってください!←言いたいだけ。

コツその1・身の回りのものを英語設定にする。


ものすごく小さなことですが、意外と様々な効果のある方法です。
身の回りのもの、と言っても、主にはお使いのPCやスマホのことです。
使用言語を英語に設定することができるので思い切って英語で使用するのです。

電子機器の説明文やトップ画面、アプリの説明なども全部英語になります。

少し勇気がいるかもしれませんが、
オススメははじめよくわからなくても「辞書を引かない」ということです。

よくわからなくても、間違ったボタンやアイコン、選択肢を押してしまうかもしれなくても
試してみるのです。

最初は使いにくいと思いますが、1日に何度も触るものです。
次第に慣れてきます。
しかも、英語の単語と機能が結びつき、英単語を英語のまま覚えることができるので
英語脳の刺激になります。

ここで特にスマホなどでありがちなのは
設定をオールリセットしてしまったり、電話帳やメール、メモリを消してしまうという
取り返しのつかない間違いをしてしまうことです。

いくら挑戦とはいえ、それだけは避けなければいけません。

なので、言語を英語に変換する前に設定画面のうち、触ってはいけないボタンや
選択肢だけは確認しておきましょう。

設定画面の中身や順番は英語でも日本語でも一緒です。
スクリーンショットを取っておくなどして、触ってはいけないボタンだけは確認しておきましょう。

あとは普通に使ってみてください。

一見スリリングですが、結構効果があるんですよ(^_^)

コツその2・SNS活用法

みなさん、スマホでTwitterやFacebookはやっていますか?
Twitterで呟いたり、Facebookに日記を投稿したり、はたまたInstagramに投稿したりしていますか?

投稿している方、その投稿を英文にしてみましょう。
今までも投稿する時間があったのです。
英文にして投稿する時間もあるはずです。

「人から見られる文章をかく」ということは人間の脳が頑張ります。
人に見せて恥じないようにしようという本能が働くため、
「正しい文章を意識する」ようになります。

もし、英語ができるお友達がいるようでしたら
サクッと
「添削箇所ありましたらコメント欄へお願いします」
など付け加えてみましょう。

無料で添削までしてもらえるかもしれません。

隙間時間にできるのはインプット(読む・聞く)だけではありません。
英語脳形成に重要なアウトプット(かく・話す)の時間としても使って見ましょう!

コツその3・通勤時間に楽しく学ぶスマホで動画視聴

シャドーイングでもオススメしているhuluによる映画視聴。
huluはスマホアプリでもみることができるので、
電車などの移動時間や休憩時間にみることができます。



何を隠そう、ひつじは結構これを利用しています。
自宅で落ち着いて映画をみる時間は意外とないものです。
ストーリーというよりは、ワンシーンを重点的にみる感じなので
移動時間などがちょうどいいのです。

iPhoneユーザーの方はよろしければこちらからどうぞ。

コツその4・英字新聞・英字雑誌を切り抜く


別に英字新聞を購読する必要はありません。
雑誌も、買う必要はないかもしれません。
目的はニュースを知ることでもトレンドを知ることでもなく、
あくまで表現を学ぶだけです。

手に入りやすいものを1〜2ページで構いません。

写真付きの記事を数カ所切り取ります。
毎日目にするところに貼りましょう。

ひつじはトイレに貼っています。

暗記が可能なくらいの短いセンテンスで構いません。

辞書も何も持っていない普段の生活で絶対目にする場所、
絶対読んでしまう場所がオススメです。

つまりはトイレがオススメです(笑)

目にしたら、読みましょう。
口に出して読みます。やっぱりトイレがオススメです。

何度も何度もやっているうちに、
意味はわからなくても単語は頭に入りますよね。

ふと、「あの単語、どういう意味なんだろ・・・」と、日常生活の別のシーンで思い出した時に、
辞書を引いてみましょう。
辞書を引かなくても写真と前後の単語から推測がつく場合もあります。

するとあら不思議。

いつのまにかその単語や用法が自然と身についているというわけです。

だいたい一週間を目安に取り替えます。
こういう小さなコツコツは意外と大きな財産となるものなんですよ(^_^)

コツその5・歌を歌いましょう


はい、ふざけてませんよw

これは発音の練習です

歌というのは抑揚がついているので発音を真似しやすくなっています。

もちろん、基礎はフォニックスで身につけるべきですが
それを実際に文章の中で表現するには体に覚え込ませなければなりません。

そのために、歌はとってもいい練習方法です。
ですが、いくつか注意点があります。

  • 間違ってもラップなどを選曲してはいけません→別のスキルが必要です
  • バラードで同性のシンガーのものを選びましょう。
  • 有名な曲の方がモチベーションが保てます。
  • できるだけ口を大きく開けて大げさ目にまねすることが大事です。
  • 口の動きのエクササイズになります。
  • TPOを考えて実践しましょう。

幾ら何でも会社の休み時間に食堂で、というわけにはいかないと思います。
家にいる時、洗い物をしながら、や、洗濯物をたたみながらなど、
「ながら時間」を使ってできるエクササイズです。

バカにするなかれ、洋楽学習法が確立しているほどなので
ぜひ試して見てくださいね!

オススメの洋楽

  1. I dream a dream(レミゼラブルより)→女性初級
  2. Stand By Me (Ben E.King)→男性初級
  3. Let it be(ビートルズ)→男女初級
  4. Seasons(Rentより)→男女→サビ部分のみでもものすごい口の練習になります。中級



よく音楽を聞く方ならば音楽配信での聴き放題が安いと思います。

ひつじがオススメするのはLINE MUSICです。
何よりもLINE MUSICのいいところは歌詞表示をしてくれるところです。
なんて言っているかがわからなければ本末転倒ですものね。
iPhoneの方は以下からもどうぞ。
LINE MUSIC – 音楽聴き放題、シェアし放題(ラインミュージック) – LINE MUSIC CORPORATION

また、最近Apple Musicでも歌詞が表示されるようになったそうです。
ということは・・・
iTunesで個別に購入したものも歌詞表示できそうですね。
Apple Music – Apple

自分に合ったものを取り入れる

これ全て実践するとなると、一日のうちのほとんど英語にふれることができてしまいますが
なかなか難しいかもしれません。

やって見て楽しくない、、、、、は少し頑張ってみてほしいですが、
なんとなく「合ってない」というものは直感でわかるものです。

「合わない」と思ったらその方法は意味がありません。
自分なりのアレンジを加えてもOKなので
取り入れられそうなものを実践してみてください。

コツコツの積み重ねが結果となって実感できる日がくると思いますよ!

ランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ